「星野リゾート 界」では、温泉旅館でしか飲めない「至福の湯上がりビール」を開発し、同ブランドの全国15施設で一斉提供します。湯上がりにぜひ飲みたいと思うビールを目指し、独自に手掛けたオリジナルビールは、苦味の少ないマイルドな味。また、通常目にするものより、小ぶりな瓶を使い、その場で飲み切れるサイズで開発。温泉でひと汗流した後の、喉の渇きを、ほどよく潤します。ビールのみならず、趣向を凝らしたご当地おつまみとセットで提供されます。各施設のとっておきの場所で、ひんやりとしたビール片手に、夏らしい開放的なひとときを満喫できます。
<背景>
近年、夏になると街中のホテルや商業ビルなどのあちらこちらで、ビアガーデンが開設され、「ビール」は暑い日本の夏の風物詩として定着しています。もし温泉旅館ブランドの「界」が、夏の湯上がりにぴったりの「ビール」を提供するなら・・・。そんな問いかけをきっかけに、こだわりのビールとおつまみ、そして湯涼みにぴったりな風情あふれるおすすめのくつろぎ場を提案することにしました。
<特徴>
・ビールは、湯上がり後に飲みきれる200mlの小瓶で開発。糀を使った苦味が少ないまろやかなビール。
・施設ごとにビールに相性のよいご当地おつまみを考案。訪れた地の風情を感じるグラスや器で提供。
・温泉旅館で、夏の情緒を感じられる一押しの場所を提案。

<至福の湯上がりビールのこだわり>

・湯上がりの余韻にひたる、フルーティーでマイルドな味

瓶を開けた瞬間、ふわりと広がる甘い香り。湯上がりの余韻にひたれる、苦みのないマイルドでフルーティーな味に仕上げました。味わいの秘密は、原料に使った糀。日本の食文化に欠かせない糀が、このビールの旨味を作り出しています。風味は口のなかで、ほどよくふくらみ、普段ビールが苦手な人でも、楽しめるテイストです。

・湯上がりに飲みきれるミニサイズ、200mLの小瓶

温泉入浴1回につき、およそ800mLもの水分が失われるといわれ、湯上がり後は、ビールを勢いよくたくさん飲みたくなりがちです。ところが、アルコールには利尿作用があり、脱水を促進するので、大量に飲むのは、おすすめできません。とはいえ、ビールをひとくち飲むことで得られる爽快感や寛ぎ、開放感は、ぜひ味わっていただきたい。そのような考えのもと、通常より小さめのサイズである200mLの小瓶で開発しました。一杯だけ、グラスに注いで飲めるミニサイズのビールです。

<ビールDATA>

原材料:麦芽、米こうじ、えん麦、ホップ、炭酸など
アルコール度数(ABV):5.5%
苦味(IBU):10

<ご当地おつまみ一覧>4つのテーマに沿って、ビールに合うおつまみを各施設で考案しました。

王道編
・長州どりのからあげ(界 長門)
・燻製チーズ&ベーコン(界 アンジン)
・金目鯛かまぼこ(界 伊東)
・豆腐と三種付け合わせ(界 箱根)
稀少、珍味編
・イナゴと蜂の子(界 アルプス)
・大鰐温泉もやし御ひたし(界 津軽)
・天然熟成大谷の生ハムロースとたまり漬けチーズ(界 鬼怒川)
・塩丸いかのわさび漬けと味噌チーズ(界 松本)
ヘルシー編
・そば刺し(界 出雲)
・浜松野菜のピンチョス(界 遠州)
・かんぴょう餃子(界 川治)
・加賀れんこんチップス(界 加賀)
フォトジェニック編
・ラスクと彩りパレット(界 仙石原)
・生湯波と東照七彩ダレ(界 日光)
・カラフルミニトマト(界 阿蘇)

<飲む場所の提案>夏の情緒を感じられる一押しの場所を各施設が提案します。

和の趣を感じる庭
・津軽びいどろが灯る水庭(界 津軽)
・竹庭に面した回廊(界 鬼怒川)
・小川が流れる中庭(界 アルプス)
・水引灯りがともる茶庭(界 加賀)
・和傘広がる竹庭(界 出雲)
・日本庭園前の湯上がり処(界 伊東)
プライベートな客室空間
・客室のソファー(界 川治)
・客室の縁台や窓際(界 箱根)
・露天風呂のあるテラス(界 仙石原、界 阿蘇)
そのほかのパブリックスペース
・男体山を望むテラス(界 日光)
・オーシャンビューの絶景を望む最上階のデッキ(界 アンジン)
・館内の中庭に広がる茶畑(界 遠州)
・ギャラリースペース(界 松本)

【提供例:界 鬼怒川】

・おすすめの場所:涼風のそよぐ竹庭に面した回廊

大浴場から、浴衣姿で一歩外に出ると、「黒羽藍染*」の天蓋タープがたなびく回廊が広がります。風鈴がゆれる音を聞きつつ、ベンチに腰掛け、団扇を片手に、湯上がりの一杯を味わうことができます。
*黒羽藍染とは?・・・栃木県の伝統工芸品として約200年の歴史を誇る草木染。原料の藍に含まれる成分によって、防虫や抗菌の効果があり、古くから夏を快適に過ごすために取り入れられてきました。

・おつまみ:天然熟成大谷の生ハムロースとたまり漬けチーズ

栃木県の石材として全国でも有名な「大谷石」や、観光客に人気の地元の「たまり醤油」などにからめたご当地らしいおつまみをそろえました。旅ごころをくすぐる取り合わせです。

・器、グラスなどのアイテム:藍色の益子焼の小皿、ビアグラス、大谷石のアイテムがお目見え

国の伝統工芸品に指定されている栃木県の「益子焼」。その益子焼でできた藍色の小皿とビアグラスで提供します。このビアグラスは、内側を「焼締め」という釉薬がかからない焼き方でつくられています。この製法により、内側には細かいざらつきが生まれ、ビールを注いだ時にきめ細やかで、クリーミーな泡を作りだします。そのほか、コースターやおつまみを食べるための黒文字楊枝の容器には、大谷石が用いられています。旅先の宿だからこそ出会える趣のあるビールシーンを目指し、細部にまでこだわって、仕立ています。

<今後の展開>

全国に15施設を展開する星野リゾートのサブブランド「界」は、「王道なのに、あたらしい。」温泉旅館ブランドとして、今後も温泉や旅館滞在にまつわる今までにないサービスの開発に継続的に取り組みます。よく知っているようで、はじめて出会うような日本の宿を目指し、四季折々のおもてなしを発想しつづけてまいります。

「至福の湯上がりビール」概要

期間:2020年6月1日~8月31日
料金:1セット 1,100円(サービス料込・税別)
時間・場所:界15施設ごとに設定
URL:https://kai-ryokan.jp/features/beer/
備考:予約不要。数量限定、売り切れ次第終了。

<最高水準のコロナ対策宣言>

https://kai-ryokan.jp/features/torikumi/index.html

1 衛生管理
 星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
・通常の客室清掃に加え、館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・食事処入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)

2 「3密」回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・半個室での食事処にて夕朝食の提供(界 *一部施設を除く)
・食事処の混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時の入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)

詳細:https://drive.google.com/open?id=1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E

星野リゾート 界

星野リゾートが全国に展開する日本初の温泉旅館ブランド。日本らしさと快適性を追求した空間やサービスをご用意しています。旅の醍醐味であるご当地の魅力を表現する「ご当地楽」のおもてなしと、滞在を通して地域の文化に触れる「ご当地部屋」が特徴。2018年7月に15施設目となる「界 仙石原」が箱根町仙石原に誕生し、2019年4月に「界 津軽」(青森県・大鰐温泉)がリニューアルオープンしました。
https://kai-ryokan.jp/