砂漠の天使「スナネコ」に赤ちゃんが誕生

2020812日(水)~公開します。

 

那須どうぶつ王国では、2020年7月9日に誕生した「スナネコ」の赤ちゃんを2020年8月12日(水)より展示公開します。

7月9日に誕生したスナネコの赤ちゃんはすべてメスで3頭産まれました。

内1頭は人工哺育で育ち、2頭はお母さんが子育て中です。

今回、8月12日よりお披露目するのは人工哺育の赤ちゃん1頭。

母親が育てている赤ちゃんたち2頭は、赤ちゃんたちが巣箱から出るまで見ることはできませんので

秋ごろお披露目の予定です。

 

スナネコの赤ちゃん1頭 展示について

展示開始日:2020812日(水)~

 

展示時間

812日~23日・829日以降の土日祝:9時~12時 13時~1630

824日以降の平日:10時~12時 13時~1530分 予定

 

展示場所:アジアの森出口側通路・展示場

4月27日生まれの「アミーラ」の横に展示予定です。

※動物の体調・営業内容により中止、もしくは展示時間が変更になる場合がございます。

 

スナネコの赤ちゃん情報

誕生日:2020年7月9日

性別:メス 体重:312グラム 体長:約19cm 尾長:8cm(8月4日現在)

誕生時)体重:67.9グラム 体長:約15cm 尾長:4cm

 

お父さん・お母さん情報

父:シャリフ 母:ジャミール

 

名前について

前回の名前募集の際、たくさん応募頂きましたのでその中から選定する予定です。

 

人工哺育の経緯

7月9日早朝に、3頭産まれました。

2頭はお母さんのジャミールが抱えていましたが、1頭は母親から離れて低体温に陥っていたため

人工哺育で育てることになりました。

 

スナネコとは

英 名:Sand cat 学名:Felis margarita 分類:食肉目ネコ科

分布:アフリカ北部、西アジア、中央アジア

体長:39cm〜57cm 尾長:約20cm 体重:約 2~3 kg

食性:小型哺乳類・爬虫類・昆虫類など

寿命:約10~12年

生態

アフリカなどの岩砂漠に生息する世界最小級の野生ネコです。

その愛らしい容姿から「砂漠の天使」といわれています。

砂漠などに生息するため毛の色は砂漠に溶け込むような色。

灼熱の砂から足裏を守るため肉球を覆うように毛がある。