美白高機能歯みがき剤※1 「アパガード」の開発・発売元である株式会社サンギは、歯が生え変わるお子さまにおすすめな低発泡タイプの歯みがき剤「アパガードアパキッズ」の新フレーバーであるグレープ2020年9月7日より全国のドラッグストアや公式通販等で販売いたします。

 

アパキッズグレープ

 

 本商品は、アパガードシリーズに共通したサンギ独自のむし歯予防成分「薬用ハイドロキシアパタイト」を配合。アパキッズは、保護者から「程よい泡立ちで仕上げみがきがしやすい」「研磨目的の成分が入っていない」などご好評をいただいている歯みがき剤です。

 

 フレーバーは従来のラムネと、今回新しくグレープが加わることで、選べる2種類のラインアップに。お子さまのブラッシングタイムを楽しい時間へと導くことで、大切な歯をむし歯から守っていきます。

 

近年の子ども用歯みがき市場

 総務省が2020年5月4日に発表したデータによると、国内における子ども(14歳以下)の人口は1512万人となり、39年連続で減少し続け、過去最少となりました。少子化により子ども用歯みがき市場も減少傾向であったにも関わらず、近年は横ばいで推移しています。

 要因としては、子ども用歯みがき剤の平均単価アップ、子どもの歯みがき回数と歯みがき剤使用者の増加、低年齢向けのジェルタイプの歯みがき剤が規模を拡大したことが挙げられます。

 特に今年はコロナ禍で親が歯科医院への通院を控え、子どものむし歯に不安を抱える傾向にあります。歯みがきは子どもに限らず、大人も口腔内をきれいに整えておくことで様々な生活習慣病への予防につながります。近年のオーラルケア意識の高まりから、うがい手洗い同様、歯みがきも習慣として見直されていくことが予想されます。

 

CSR活動 盲導犬への支援

 サンギのアパガードアパキッズでの売り上げの一部が盲導犬総合支援センターを通じ、補助犬育成及び障がい者の社会参加の支援活動に役立てられることから、パッケージには盲導犬の親子をデザインしています。

 近年は盲導犬についての勉強をする小学校も多いため、お子さまが既に盲導犬を知っており、「店頭でアパキッズを購入した後、子どもと一緒に盲導犬について話す機会になりました」という、嬉しいお声もいただいております。盲導犬の育成支援活動だけでなく、子どもの頃に「盲導犬」を意識することで、相手を思いやれるような大人になって欲しいという思いも込められた商品です。

 アパキッズは2010年秋に発売以来、約120万本以上(2020年2月時点)を販売し、支援活動に役立てられています。

 サンギはこれからも、「薬用ハイドロキシアパタイト」を配合したオーラルケア商品で、歯の健康と美しさを守る提案をしてまいります。

 

 

商品詳細

【品名】  アパガード アパキッズ(グレープ)

      ※医薬部外品/薬用歯みがき/販売名 サンギ歯みがきMKT2(G)

【価格】  600円(税別) 

【容量】  60g

【発売】  2020年9月7日より順次販売開始

      ※取り扱い店舗により異なります。

【販売店】 全国のドラッグストア、スーパー、サンギ公式通販「SANGI SHOP」 (https://www.sangishop.jp)など 

 

【特長】

 ・サンギ独自のむし歯予防成分「薬用ハイドロキシアパタイト」配合

 ・人気が高いグレープフレーバー

 ・程よい泡立ちで仕上げみがきがしやすい低発泡タイプ

 ・「キシリトール」「トレハロース」(甘味剤)も配合

 ・研磨目的成分無配合