菰田総合法律事務所(福岡市博多区)は、昨年の相続相談件数が約100件だったのに対し、今年は9月の段階ですでに300件を超え、前年に比べ約3倍も増えたことが分かりました。新型コロナウイルス感染症の影響で“死”の存在が現実的で身近に感じられるようになったのに加え当事務所が運営している『相続LOUNGE(ラウンジ)』(福岡市博多区 博多マルイ5F)の存在も相談が増えた理由であると考えます。

◆実は意外と幅広い!?20代~90代までが悩む相続問題◆

当事務所の昨年1月~12月までの相談件数は約100件でした。しかし今年は9月までの段階ですでに325件に上り、昨年の相談件数から約3倍増加しています。

今年相談にいらっしゃるお客様の年齢層は幅広く、20代から90代まで様々です。特に多いのは50代~60代のお客様で全体の過半数を超えます。これは、年齢的に“自分の相続”について考え始める人と“自分の親の相続”について悩んでいる人が多いことが理由であると考えられます。

下のグラフの中で注目したいのは20代から30代のお客様です。通常ならば相続問題とは少し縁遠い気もしますが、それでも当事務所にご相談に来てくださった理由の一つに『相続LOUNGE』が大きく影響していると思われます。

ご相談者の年齢層別グラフ

◆“相続”は年齢にかかわらず家族で考える時代◆

『相続LOUNGE』は今年1月に博多の中心街に誕生いたしました。無料開放された施設内には、相続に関する書籍や資料が図書館のように並び、自分で調べることができます。買い物途中に立ち寄れる“手軽さ”と、自由に利用できる“気軽さ”が、若年層にも相続に興味を持ってもらえた理由ではないかと考えられます。

また新型コロナの外出自粛期間明けからご家族でのご来店も増えました。外出自粛期間中、家族と一緒に過ごす時間が多くなったことが相続について考える機会を作ったのではないかと思われます。

◆“無料相談”が解決への糸口◆

『相続LOUNGE』では事前予約で弁護士などの専門家に初回無料で相談をすることができます。

先日は、「何から手を付けたらよいのか分からない」と親子で相続相談にいらっしゃいました。

相談例

『相続LOUNGE』からのご提案

・財産状況を整理して相続税のシミュレーションを行い、正確な相続税額を把握する。

・相続税対策(生前贈与、生命保険加入など)を考える必要がある。

・(認知症対策として)賃貸経営や物件売買等に支障がでない家族信託のご提案

 →その後、ご提案を受任いただきました。

◆相続難民を救う手軽な“ファスト相談”◆

弁護士や税理士に相談するにはハードルが高いと尻込みする人たちが多い中、コロナ禍でも当事務所の相続相談が増えたのは、『相続LOUNGE』のような気軽に相談できる場所を求めていたからであると考えます。また外出するのが難しい時にもパソコンを使ってリモート相談(初回無料)もできるため、『相続LOUNGE』の需要は今後ますます増えると思われます。

菰田 泰隆

◆ご相談にお答えしたのは弁護士◆

弁護士資格の他、社労士・税理士資格も有する、相続取扱件数が九州トップクラスの菰田総合法律事務所 代表弁護士

菰田 泰隆弁護士

これまで数多くの相続案件に携わり、それと同時に数えきれないほどの相続トラブルも見てきました。家族同士で言い争ったり揉めたりすることはとても悲しいことです。トラブルが起こるお客様に共通するのは“相続の準備不足”ということ。相続と聞くと身構えてしまう方も多いため、もっと気軽に考える場所が必要であると思い『相続LOUNGE』をつくりました。私たち菰田総合法律事務所は『相続LOUNGE』を通して、誰も苦しむことのない“幸せな相続”を一つでも多く増やすことに尽力しております。

【会社概要】 

名称 : KOMODA LAW OFFICEグループ 弁護士法人菰田総合法律事務所

所在地: 博多オフィス

     福岡市博多区博多駅前2丁目20-1 大博多ビル8階

URL  : https://www.komoda-law.jp