ドイツ生まれのベビー用品ブランド「サイベックス」(CTP JAPAN株式会社)では、2020年11月6日(金)より、ストローラー(ベビーカー)の新シリーズ「CYBEX LIBELLE(サイベックス リベル)」を発売開始します。本製品は、自転車のカゴに入る(※)ブランド史上最小サイズを誇り、ワンマイル移動や自転車移動の増加など、コロナ禍で変化したおでかけスタイルにもマッチしたストローラーです。 ※折り畳み時。カゴの種類によっては入らない場合があります。

⇒「CYBEX LIBELLE(サイベックス リベル)」 https://cybex-online.com/libelle

■コロナによって変わった「おでかけスタイル」…移動手段やベビーカーへのニーズにも変化が。

今回、サイベックスでは、新シリーズ「CYBEX LIBELLE(サイベックス リベル)」を発売にするにあたり、1歳半~3歳の子どもを持つママ500名を対象に、「新型コロナ感染拡大以降(以下、コロナ以降)のおでかけ事情」について調査を実施しました。その結果、実に85%のママが「移動手段やおでかけ先が変化した」と回答。具体的には、「遠くのおでかけ(広範囲行動)ではなく、近くのおでかけ(近距離行動)が増えた」(89%)、「公共交通機関を使う機会が減った」(69%)、「自家用車を使う機会が増えた」(61%)などの変化がみられています。

そして今、コロナ禍のおでかけにおける移動手段として、新たに注目を集めているのが「自転車」です。今回の調査でも、約3人に1人(32%)のママが、コロナ以降「自転車を使う機会が増えた」と回答。自家用車の所有率が少ない大都市圏では特にその傾向が強く、東京都在住のママでは55%(64人中)、大阪府在住のママでは57%(44人中)とそれぞれ半数以上が、自転車の使用機会が増えたと答えています。その理由としては、「歩くと遠い、でも車やバスなどを使うほどでもない距離のおでかけに便利」(32歳)、「公共交通機関と違って3密(密閉、密集、密接)を避けられる」(37歳)、「バスなどは子どもがいろいろなところを触ってしまうため、感染リスクがあるが、自転車であればそれを避けられる」(41歳)、「ステイホームによる運動不足の解消になる」(38歳)、「自粛生活のストレスから、自転車移動する事で子どもが喜ぶ」(34歳)などの声が。ちょっとした移動に適しており、バスや電車よりも感染リスクが低く、かつ運動不足解消や気分転換にもなる自転車は、コロナ禍のおでかけニーズに非常にマッチした移動手段であると言えそうです。

一方で、コロナ以降、おでかけスタイルが変化したことにより、「ベビーカーに求めることに変化が生じた」という人も多い様子。具体的には、「自転車移動が増えたがベビーカーも使いたいので、カゴに入るベビーカーがあると嬉しい」(37歳)、「素早く買い物を済ませたいので、狭いところも動きやすいと良い」(29歳)、「今までは子どもを歩かせていたお店も、最近はあちこち触らせないためベビーカーに乗せたままなので、小回りがきく方がいい」(37歳)、「まとめ買いをする機会がふえたので荷物が入れやすい収納スペースがついていると便利だなと感じた」(35歳)などの回答が目立ちました。コンパクトなサイズ感でありながら、狭いところも小回りがきいて動きやすく、まとめ買いの荷物もたっぷり収納できる…そんなベビーカーを求める声が多いようです。

<調査概要>

・調査対象:1歳半~3歳の子どもを持つ母親500名 ※子どもの年齢で均等割付

・調査期間:2020年10月1日~2日

・調査方法:インターネット調査

■コロナ禍のワンマイル移動にマッチした「ニューノーマル時代」のストローラーが日本初上陸!

こうした子育て中のママ・パパにおすすめのストローラー(ベビーカー)が、2020年11月6日(金)に日本初上陸となる、ブランド史上最小サイズのストローラー「CYBEX LIBELLE(サイベックス リベル)」です。

コンパクトさと使いやすさを両立した本製品は、コロナで変化した移動手段やおでかけスタイルにマッチした「ニューノーマル時代」のストローラー。自転車のカゴにもおさまるサイズ感(※)でありながら、シート幅と背もたれの高さは4歳頃まで使えるたっぷりサイズ。しかもカンタンに折り畳めるため、コロナを機に自転車でのワンマイル移動が増えたママ・パパにぴったりです。もちろん、自転車だけでなく、自家用車や玄関先でも場所を取らないため、マイカー派のママ・パパにもおすすめ。また、折り畳むと飛行機での機内持ち込みサイズ未満になるので、普段のおでかけだけでなく、コロナ明けの旅行シーンでも活躍します。

さらに、畳んだ状態だけではなく、開いた状態でもコンパクト。スーパーなどの狭い通路でも動きやすい設計です。また、小回りがきくのはもちろんのこと、軽いのに押しやすいボディと、サスペンション付き前輪で段差に強いため、徒歩移動でも大活躍。そして、コンパクトでありながらショッピングバスケットは大容量という点も、コロナを機にまとめ買いが増えたママ・パパにとって嬉しいポイントです。

※折り畳み時。カゴの種類によっては入らない場合があります。

また、コンパクトでありながら、ゆったりサイズシートでお子様の体重が22キロまでとベビーカー卒業時まで毎日使えるため、コストパフォーマンスにも優れています。

セカンドベビーカー選びで起こりがちな妥協を失くしつつ、最新のおでかけニーズに寄り添った「CYBEX LIBELLE(サイベックス リベル)」は、全ての希望をかなえるストローラーです。最小サイズに最大のバリューを詰めたサイベックスの新シリーズを、セカンドベビーカーの新たな選択肢にしてみてはいかがでしょうか。

<製品概要>

・名称:CYBEX LIBELLE(サイベックス リベル)

・価格:23,000円+消費税

・サイズ:<開いた状態>W52 X D75.5 X H104  <畳んだ状態>W32 X D20 X H48

・重さ:5.9kg(キャノピー除く)

・適応体重:22kgまで

・使用年齢:一人すわりができる生後6ヶ月頃から4歳頃まで

・展開カラー:5種類(ディープブラック、ソーホーグレー、クラシックベージュ、リバーブルー、ネイビーブルー)

 ※ネイビーブルーは直営店およびDADWAY限定カラー

・その他アクセサリー:レインカバー / カーシートアダプター / バンパーバー / トラベルバッグ

・流通経路:サイベックス 取扱店舗にて展開予定

⇒「CYBEX LIBELLE(サイベックス リベル)」 https://cybex-online.com/libelle

<CYBEX(サイベックス)について>

WE ARE HERE TO DELIVER THE BEST PRODUCTS AND CONCEPTS FOR ALL FAMILIES TODAY AND TOMORROW.

CYBEXは、安全性・デザイン性・機能性が世界で高く評価されている、ドイツのペアレンティング(ベビー用品)ブランドです。Design(ユニークなデザイン)・Safety(卓越した安全性とクオリティ)・Function(インテリジェントな機能性)という3つの柱を重視した製品開発(=CYBEX D.S.F. Innovation Principle)は、安全性に対する数々の高い公的評価や、デザインに関する数多くの受賞につながっています。これらの実績に止まることなく、常にイノベーションを実現し、現代のペアレンツのライフスタイルに沿った製品をつくり続け、ベビー用品の枠にとらわれない、革新的なライフスタイル・ファッションブランドを目指しています。2014年にGoodbaby Internationalと合併し、更に成長して世界最大のペアレンティングブランドとなった今も、CYBEXのファウンダーであり、2児の父であるMartin PosがCEOとしてグループを牽引し、”いまと、これからのファミリー”に、最高のコンセプトと製品を届けています。

⇒サイベックス(ブランド)公式ホームーページ https://cybex-online.com/ja-jp

<CTP JAPAN 株式会社について>

CTP JAPAN 株式会社(Columbus Trading-Partners Japan, Limited)は、日本のペアレンツに最適化された製品を、確実にお届けするために、CYBEX GmbH(80%)と株式会社サイベックスジャパン(20%)の合弁会社として設立された商社です。2つのブランド = cybex、gbを「正規輸入総代理店」として取り扱っています。