「絵を描くと気持ちが楽になる、みんなに会えてうれしい」

(執筆:SOCIO編集部 林幸奈)
「子どもがゲームやインターネットばかりしている」

「きょうだいや親子間のケンカが増え、家族関係がいまいち」

「不安やストレスから、体調を崩しがちになった」

家族や子どもについて、このような心配はありませんか?

ひとり自宅でできることは限られ、ストレスがたまってしまいます。とくに友だちに会えない孤独感は、大きなものです。

そんなときは自宅にいながら、オンラインで誰かと交流してみませんか?

現在、芸術文化の場に参加できない人びとが、オンラインによる新しい形の創作活動を試みています。またアトリエ活動のヒントとなるように、実際に行われた活動のレシピが公開されています。工作やイラストなどは、集中して取り組めて、よい刺激になるでしょう。

家での遊びに飽きてしまった、友だちやほかの人と交流したい子どもたちや、大人も楽しめるアトリエレシピを紹介します。

  

問題視され、自粛を要請されたのが、芸術・文化活動でした。

密閉空間・人の密集場所・密接場面での発声。新型コロナウイルスの感染対策には、これら「3つの密」を避けることが求められました。その中で問題視され、自粛を要請されたのが、芸術・文化活動でした。

地域のアトリエやスタジオなども、教室の準備や開催ができない、場所を解放できない状況が続いていました。その結果、アトリエにも創作活動をする人にも、さまざまな面で影響が出ています。

自宅で作品づくりに励む人々は、現在オンラインで発表や交流の場をつくっています。

エイブル・アート・ジャパンでは、利用者・障害者施設などをオンラインで結び、さまざまな表現や交流をしているアトリエの様子を、レシピとして公開しています。

オンラインで芸術鑑賞をする方法は増えましたが、バーチャル美術館や舞台・コンサートの配信など、ひとりで楽しむものが多い印象でした。現在では創作活動を通じてタイムリーに交流し、年代や場所を問わず、誰かと作品に対する意見を共有することで、多くの人の希望となっています。

このようなレシピを活用して、作品づくりに集中する、最近会えていない友だちと交流できる時間をつくってみませんか?

  

 

 

▼ SOCIOについて

『SOCIO(ソシオ)』は人間関係、働き方、新しいライフスタイルを軸にしたウェブ記事を提供するメディアです。人の悩みは9割が人間関係。「あの人苦手だな」「あの人がうらやましい」「なんで自分はこうなんだろう」。

社会で多様性(ダイバーシティ)が語られるほど、自己肯定感や個性についての悩みが増えていきます。価値観は人それぞれ。だからこそ、自分も大切にしてほしい。その第一歩が他人の意見に耳を傾けることだと、私たちは考えます。

その先に価値観が変化することもあれば、譲れないモノを見つけることもあるでしょう。様々な悩みを柔軟に解釈し、なりたい自分を目指していこう。

公式HP→ https://www.socio22.com/
Twitter→@SOCIO_sns

▼ 運営会社 22世紀アート

「みんなを幸せにする出版社」を企業理念に掲げ、「出版とは、今、社会が必要とする情報を発信すること」という思いのもと、誰もが「本」に触れ、「本」を生み出し、「本」を愛する人になる。
そんな文化インフラを作るために、22名のスタッフにより運営されている。

代表者  : 向田翔一
所在地  : 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-23-1 ACN日本橋リバーサイドビル5階
設立   : 2014年12月
事業内容 : 書籍・電子書籍制作及び出版
TEL   : 03-5941-9774
FAX   : 03-5941-9773
MAIL  : info@22art.net
公式HP : https://www.22art.net/
Twitter  : https://twitter.com/22artnet
Instagram: https://www.instagram.com/johnny_22art/?hl=ja