株式会社建設技術研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村哲己)は、奈良公園において、公園利用者の周遊性向上を目指して、次世代型パーソナルモビリティによる移動支援サービスの提供を2月24日(水)~2月28日(日)の期間で試験的に実施します。

 

この実証実験は、奈良県が「モビリティによる公園利用者の周遊性向上に資する社会実験(奈良公園魅力向上事業)」の事業者を募集し、株式会社建設技術研究所が事業者として企画提案し採択されたもので、モビリティ社会実験を実施し、公園サービスとしての実用化を期待するものです。

実証実験では、奈良公園内を誰もが快適に回遊できるようにするため、株式会社ZMPとWHILL株式会社の協力のもと、2種類の次世代型パーソナルモビリティによる移動支援サービスを実施します。実験中はどなたでも無料でお乗りいただけます。奈良公園へお越しの方は、ぜひご利用ください。なお、雨天の場合中止の可能性がございます。

 

1.事業目的

奈良公園には貴重な歴史的文化遺産を包蔵する社寺や文化施設のほか、豊かな緑の自然美が調和して他に類を見ない世界に誇れる公園です。しかし、広大な敷地内に名所が点在し、駅や主要なバス停からの移動は徒歩以外の手段がないことも多く、行きたくても行けないという現状もあることから、二次交通としてのモビリティの可能性について、社会実験を行い検討するものです。

2.実験期間:2021年2月24日(水)~2月28日(日)

3.実験時間:各日10:00~16:00

4.使用モビリティ

 ①自動運転一人乗りロボ ZMP・ラクロ

 ②次世代電動車いす WHILL・Model C

5.実験実施ルート

 ①大仏殿前駐車場〜二月堂付近

 ②奈良公園バスターミナル~若草山付近

6.申し込み方法

参加費:無 料

定 員:参加枠が埋まった時点で申し込みを終了します。

申し込み:ホームページ

https://skym.xsrv.jp/nara-mobility/ のお問合せフォームから申し込みください。

主催:奈良県・建設技術研究所