「面白くて 変なことを 考えている」をモットーにインターネット広告やPRイベントの企画・制作を行う株式会社人間(所在地:大阪市西区、代表取締役:花岡 / 山根シボル、以下人間)は2019年12月10日(火)、なんばスカイオ(所在地:大阪市中央区難波5丁目1−60)7階コンベンションホールにて、「有給休暇」をテーマとする展示&参加型イベント『有給浄化』を開催します。本イベントは、11月22、23日(勤労感謝の日)東京にて開催を予定しておりましたが、悪天候により中止となったため、延期開催いたします。

供養のイメージ供養のイメージ

  • 約300基の灯籠に込めた「使われなかった有給」の思い出を供養

本イベントは、働く人にとっての年次有給休暇(以下、有給と表記)を魂にたとえ、「使われなかった有給を供養する」ことを通じて、日本人の有給取得率向上を祈願するものです。特設サイト(https://kuriyaso.net/yukyu/)上で募集した「有給をとれなくて悔やまれた体験」に「戒名」をつけて日付や応募者の名前とともに印字した灯籠を約300基並べ僧侶が供養します。勤労感謝の日に合わせた企画として、11月22日・23日に東京で開催を予定しておりましたが、悪天候により中止となりました。しかし、本イベントに集まったエピソードを供養すべく、場所を大阪に移して延期開催することにいたしました。本イベントの開催を通して、有給という制度への意識向上や、関心喚起へつなげることを目的としております。

会場に並ぶ灯籠会場に並ぶ灯籠

「戒名」が印字される「戒名」が印字される

 

 

戒名:我が子の誕生日会が7ヶ月遅れた
子供の保育園の誕生日会を5月を12月まで延期し、子供が泣いていた。(30代 女性)

 

戒名:ファイナルアンサー 友達より会社
会社と友達どっちが大事なんだ!!!!!って怒鳴られ、「すみません。選べません」と言ったら某有名クイズ番組みたいな沈黙が続いたあとに「会社だ。」と言われ友達失いました。(20代 男性)

 

戒名:地球の裏側で産声を聞けず
ヒューストンのゴルフ場でハンバーガーをパクついてる間に第一子が生まれた。(30代 男性)
  • ブラック企業出身の僧侶がオリジナルの回向で供養

有給供養の儀式では、集まったエピソードを会場に設置されたスクリーンに投影し、東京都台東区にある西念寺で僧侶をつとめ、自身もブラック企業での勤務経験もある佐山拓郎上人により、読経や有給浄化オリジナルの回向(えこう)による供養が行われます。参加者は、並べられた灯籠を見て回ることができるほか、事前アンケートにより集めた「有給を使えて良かったエピソード」を元に、5日分の有給の使い方を提案する「やすみくじ」をお楽しみいただけます。

佐山拓郎上人佐山拓郎上人

佐山拓郎上人(浄土宗西念寺)

《プロフィール》
浄土宗僧侶。1975年、東京根岸の浄土宗寺院・西念寺に生まれる。月に200時間残業、週休1日、結婚休暇も多忙で辞退、という壮絶なサラリーマン生活を10年間経て、僧侶に。

《コメント》
使えなかった有休は、生み出した本人の後悔により、成仏できず、苦しみの世界をさまよっているかもしれません。しかし、忘れてはいけないのは、あの時に有休を使わず(使えず)、働き続けたことで生まれた、現在の自分もいることです。
「現在の自分を作ってくれた一部でもある、失くしてしまった有休」を、心からの感謝を込めて供養することで仏の世界へ送り出し、その後悔を清める。そうすれば、今後また生まれてくる有休を、有意義に活かすことができるかもしれません。
 

やすみくじ※イメージやすみくじ※イメージ

やすみくじ

事前アンケートにより集めた「有給を使えて良かったエピソード」を元に、5日分の有給の使い方を提案してくれるおみくじです。有給の使い方が分からない人が次なる有給取得をするための道しるべとなります。

 

  • 今年4月に義務化した有給休暇。「4人に1人は義務化を知らない」現状

働き方改革関連法案の成立に伴い、2019年4月1日より、有休休暇(以下、有給と表記)取得が義務化されました。そのほか、厚生労働省は「働き方・休み方改善ポータルサイト」を開設して「休み方」の支援も行うなど、有給の取得推進は国家を挙げての動きとなっています。
元々日本では、2016〜2018年の3年間にわたって先進国の中で最低の有給休暇取得率を記録するなど、「働き方」「休み方」の点では国際的に大きく遅れをとっていた背景があります。この度の法改正に伴いその解決が期待されるものの、「4人に1人は義務化を知らない」「過半数の人が罰金があることを知らない」など、国民全体の意識はまだまだついてきていないというのが現状です。

 

  • 株式会社人間の働き方改革。昨年の「ブラック企業体験イベント」に続き第二弾!

人間では、毎年11月23日の勤労感謝の日に、「働き方改革」について考えるイベントを企画・開催しています。昨年は「ブラック企業」をテーマに、その実状をリアルに体験できる参加型演劇イベントを開催し、248件の応募の中から抽選で選ばれた30名が参加。新入社員として架空のブラック企業に入社し、事前に公開されたウェブサイトにて募った「実際のブラック企業エピソード」を体験していただきました。(ブラック企業体験イベント特設サイト https://kuriyaso.net/black/

昨年開催された「ブラック企業体験イベント THE BLACK HOLIDAY」昨年開催された「ブラック企業体験イベント THE BLACK HOLIDAY」

今年のテーマは「有給休暇」です。法改正がされても、人手不足や業務量過多などの課題が解決されていない職場において、「迷惑をかけるので何となく取りづらい」という理由でなかなか取得されていません。その意識を変えるため、「有給を弔う」をコンセプトに、取得されずに消えてしまった有給の価値について考えるイベントを開催します。

  • 開催概要

有給を供養する灯籠ナイト『有給浄化』有給を供養する灯籠ナイト『有給浄化』

<開催日時>
12月10日(火) 18時30分〜20時
<入場料>
無料
<特設サイト>
有給を供養する灯籠ナイト『有給浄化』
https://kuriyaso.net/yukyu/
<タイムテーブル>
18:30  開場
19:00頃 有給供養の儀式
20:00     閉場
<開催場所>
なんばスカイオ7階 コンベンションホール
https://www.nambaskyo-convention.com/
〒542-0076  
大阪府大阪市中央区難波5丁目1−60
<アクセス>
南海電鉄「なんば駅」中央口・南口直結
<協賛>
転職とキャリアアップ

  • 企画・制作

株式会社人間
「面白くて 変なことを 考えている」をモットーに、ジャンルの枠にとらわれないアイデアをつくるWebコンテンツ制作会社。キャンペーン、グラフィック、イベントなど大手企業の広告や、企業や商品のブランディング、Webメディアの運営や記事制作、アートイベントのプロデュースなど、やりたいことはやってみる、やる気のある会社です。
https://2ngen.jp/